なかなか紙を超える利便性が実現できない話。

紙。

 

簡単に人に渡すこともできる。

何面か同時表示することもできて、

薄いので重ねたりすることもできる。

 

現代では物に溢れてきたので、

手軽に使える物もあるけれども

セキュリティやら、実績がないやらで使いにくかったりする。

あとは一人一台の思い込みだったり。

 

今目の前に見たい物だけを見るだけならタブレットでも良い。

そこから目を離してほかの物を見たり、同時に見たりするならば

表示する画面がもう1つだったり、何かが書かれた紙切れがもう1つ。

手で書きたいならさらに紙切れか、手書き用のタブレットがもう1つ。

 

この時点で表示用に画面が2枚。

書くための紙が1枚。

書くための紙を画面にするとさらに画面が1枚。

 

同時にそんなことをしなければ良いのだけれど、

求められるのはそういう作業だったりするものです。

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。