本のない図書館の話。

図書館。

膨大な量の本を置いてて、いろんな場所にある。

 

場合によっては欲しい物がどこかの図書館にしかなかったりして、

取り寄せたり。

複写してきてもらったり。

 

もう長らく行ってはいないけど、あれはあれでいい場所なのですが。

電子化されていくのでしょう。

 

プロフェッショナルの話。

プロフェッショナルを目指していた時期があった。

 

いつしか、あっちへこっちへうろついた結果

プロフェッショナルではない。

 

じゃあ、広く何でもできるかというとそうでもない。

 

何か突出した物がない人は、何でも色々出来るようになるわけではなく

 

世の中には何も出来ない人もいたり、

何でも出来る人も居るということを知るのでした。

WiFi人感センサー(PIR)の話。

WiFiの人感センサ。

とりあえず入手できたので導入しながら。

人感センサー付きの電球が使われるのは、トイレとか玄関とか廊下とか。

常時人がいないところになる。

 

ところが、今回導入しようとするのは、常時人がいるところ。

人が居る間に消えてしまってはクレームもので。

問題になるのは、居なくなったかどうかの判定。

 

現れたタイミングでつけて、

どこかほかで現れた時にも消すのか。

 

単純にセンサーを増やして精度を上げるか?

(2重、3重、4重・・・と増やす。)

 

制御のやりかたは使いながらで。

 

68-1週間で買っちゃった物の話。

今週の購入。

もう夏休みに入るくらいの勢いで。

 

 

コシヒカリよりもササニシキ

白米よりも玄米。

のイメージで。

 

あんまり実感はないです。

 

USB-Cケーブル

USB-C to USB-C。

何周も回っていますが、ケーブルは意外とあっても困らないということで。

現金で残したいのは山々ですが。

 

Excelの本

パワークエリとはなんぞや。

SQLみたいな感じな気もするけど、なんだか判らない。

便利そう。

そんな感じで購入。

 

Excelも進化しているので、なんでもかんでもExcelになってしまうのでした。

 

タブレットPC

コンパクトなwindowsタブレットを。

 

Zigbeeスイッチ

www.aliexpress.com

2台更に買い増し。

無線で、Smartlifeから設定できるスイッチ。

 

離れた部屋から照明をつけたり。

コンセントを切ったり。

スイッチ1個で何灯も同時に操作できる。

 

壁にスイッチ配線を埋め込まなくてもよくて。

スイッチは壁以外にも付けられる。

 

可能性はとても広いのです。

Alldocube iWork GTの話。

AlldocubeのiWork GTを衝動買いです。

Amazon価格で75000円。

 

探していたのは8~10インチクラスでWindows端末かつ、それなりの性能のもの。

 

本体全容

画面保護フィルムは貼り付け済みでした。

(既に気泡はいってます)

 

右側面 USB-Aとイヤホンジャック

 

上側面 電源ボタンとボリューム。

左側面 MicroHDMIとUSB-Cが2個。

 

下側面はなにもなし。

 

実測重量は608g。

 

システム情報

 

SSDベンチマーク

普段型落ちで過ごしているので、体感性能は十分。

 

結構するだけありした。

 

増量版やスタイラス対応版が出るらしいです。

いつになるやら。

そして価格も増量版はAliexplessで10万円近かったです。

スタイラス対応版は未だのようです。

 

あとは付属品。

45W充電器とケーブルです。

 

GalaxyTabS4との比較。

 

Latitude5290 2-in-1との比較。

ドローンの話。

ドローン。

今時、家から出ずに遠隔で飛ばせるはずで。

自動で障害物を避けながら目的地までもっていくこともできて。

自動で物を置いてくることもできて。

そうすると遠隔で無人で宅配もできて。

 

人が頑張らなくても宅配ができたりするのだろうかと。

 

規制をすればできなくなるので、

今まで通り頑張って人が運んで労力をかけられる。

 

規制がかからなくも即座にはそういう状況にはできない。

できなければやらなくて、今まで通りです。

コンパクトなアルミケースの話。

mini-ITXのアルミケース。

 

恐らく、

monoboxから始まり。

Lian-liやJONSBO。

 

重たい鉄箱を使ってた頃から比べると、

とても楽になった。

 

www.scythe-sub.sakura.ne.jp

lian-li.com

www.jonsbo.com

 

 

拡張性とかは特に気にしていなかったので、ITXで良かった。

しかし、ここにきてやっぱり性能やら拡張性やら。

microATXATXも気になってくる。

Jonsbo RM2はATXで2.6kg。

 

パーツ全て含めて6kgくらいでしょうか。

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。