スタッキングシェルフを購入した話

勢い余って無印良品のスタッキングシェルフを購入してしまいました。

LOHACOの割引クーポンに釣られて購入。

 

2段タイプです。

f:id:kirintrop:20201021195233j:image
梱包の寸法は幅86.5cmx奥行36cmx高さ13cmでした。

購入前の知りたかったのですが、組み立て後の寸法しか見つからなかったので参考まで。


f:id:kirintrop:20201021195552j:image

ガードはがっちり。


f:id:kirintrop:20201021195615j:image

色々ついてますが、今回はパイプとボルトだけ。


f:id:kirintrop:20201021195801j:image

パイプを立てて。


f:id:kirintrop:20201021195857j:image

板をはめこみ。

f:id:kirintrop:20201021200011j:image

しめしめ。


f:id:kirintrop:20201021195818j:image

ちなみに側面のボルトをパイプに差し替えて横に拡張できる。

恐らく、単品から側面の板を1枚抜くと追加セットになる。

側面の板は左右で違い、左側は雌ねじが埋め込まれているのに対して、右側は貫通穴のみ。


f:id:kirintrop:20201021195930j:image

完成。

 

f:id:kirintrop:20201021195940j:image

とりあえず手持ちのチェストをつめる。

 

目的があって買ったわけでもないので、

置物と化しています。。

スタッキングチェストで固めるよりも引っ越しのときにばらせて良いと考えましたが、怪しげ。

分解できてがっちりした家具があれば良いのですが見つからず。

 

オーク突板で組み立て式のカラーボックスみたいなのがほしかったのですが

結局無印はいいなぁという結論です。

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。