ONEMIX2S Platinum Editionの話。

勢い余って購入したOne-Netbook

ONEMIX2S Platinum Edition。


f:id:kirintrop:20210411165307j:image

 

普段タブレットとして常用しつつも、

たまにキーボードを使うような使い方を目論んでましたが、

予想は大外れ。とはいえ所有感と性能はいい。

 

さて、中身を見ていきます。
f:id:kirintrop:20210411165519j:image

 本体とペン、充電器とケーブル。

 

手持ちの充電器を何個か試してみたところ、

12V2.5A出力でないと充電できなかった。


f:id:kirintrop:20210411165559j:image

 

中身は普通にWindows

入力切替が難しいので、ChromebookのようにCtrl+Spaceで入力切替できるようにした。

 

タブクルさんを参考にした。

tabkul.com

 

重量。
f:id:kirintrop:20210412061245j:image

 554g。i7搭載機としては軽量。

7インチとしてはかなりの重量感。

 

厚みも16~17mmある。

通常サイズのノートPCでは少し厚め程度だけれど、

このサイズになると厚く感じるのかもしれない。


f:id:kirintrop:20210411165538j:image

充電器。いろいろ書いてはいるけれど本体は12V駆動です。

本格的に使い込む時にはコンパクトなのを購入しようと思います。

(このままでも十分小さいですが。)

 

持ち歩いてみた感じ、タブレットとしては重過ぎる。

けれど、動作は快適・意外にも悪くないといったところでした。

 

Windowsタブレットとして使う場合の特有の使いにくさなので、

工夫すれば元々想定していたPCとタブレットの一体化は出来るような気がします。

10インチや12インチクラスだと都会の通勤には厳しく、

8インチだとポケットに入りにくく、7インチの選択となりました。

 

開封直後は後悔しかありませんでしたが、

少し使えば慣れてくるので意外に悪くない。

 

そんな感じです。

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。