軽荷重の追求の結果SPRIT Designs MX Supreme 15S 話。

SPRIT Designsの軽荷重スプリングを仕込んで、

市場に出てない軽荷重キーボードを目指す話。


f:id:kirintrop:20211104055323j:image

バネ、キースイッチ2種類と分解工具。

 

先週購入し、まずはKailh Speed Silver軸に仕込む。

 

元の品はこちら。

元々40g作動で、動作点は1.1mm。

www.kailh.com

 

交換したバネは10g作動。

15 S(Actuation 10cN)  を使用したので、10g作動の、15gで押し込み。

購入は遊舎工房から。

MX Supreme Seriesshop.yushakobo.jp

 

 

www.spritdesigns.com

 

 

Kailh Silverの場合、軽すぎて押した状態で引っかかってしまう状態になったり。

押していないキーが押される判定になってしまった。

 

代わりのスイッチを準備。

Akkoの35gのもの。動作点は1.9mm

Amazonだと1800円/45個。

 

全て交換してみた結果、

とても軽い。

軽すぎて少し触れただけでもミスタイプ。

 

かつて、30gクラスに乗り換えた時と同じような感じでしょうか。

指を乗せているだけで、入力されてしまうような感覚です。

 

BackSpaceを押すのに、実はその下の¥に毎回触れていたのに気づいたり。

更にミスタイプに敏感なキーボードとなりました。

 

特定のキーだけ少し重めに設定するのも少し気が引ける。

使いやすくするには、良いと思うけれど後ろめたく。

 

かといってまた少し重いスプリングを購入するのももったいない。

 

もう少し探求が続きます。

 

 

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。