Xperia tablet ZのカスタムROM導入備忘録の話。

今更感もありますが、Xperia tablet Zを中古購入して使うことにした。

公式はandroid4.4くらいでアップデートが止まっている感じで。

 

防水でそこそこ軽く、防水。

 

カスタム導入の手順は正攻法なら基本的に違う種類の端末でも同じような。

(開発者オプションからOEMアンロック出来る端末は楽だったり、

OEMアンロックが元々出来ない機種もあったり。)

 

カスタムROMのファイル

イメージは良い物を探す。

.zipファイル。

androidfilehost.com

gappsはpicoが良い。

opengapps.org

 

 

 

IMEIの調査。

⇒ダイヤルアプリから云々する方法もある。

サービスメニューを直接呼び出すアプリを入れると楽。

 

 

 

 

ブートローダーのアンロックコード取得。

https://developer.sony.com/develop/open-devices/get-started/unlock-bootloader/#unlock-code

 

ドライバの導入

ドライバ入手はここ。

developer.android.com

 

Fastbootのドライバは、デバイスマネージャからドライバ更新→ディスク使用。

 

 

OEMアンロックする。

 

fastbootで接続(電源OFF→音量下押しながらケーブル接続)

 

コマンドプロンプトから

fastboot oem unlock 0xアンロックコード

でアンロック。

 

そのまま

fastboot flash recovery TWRPのイメージファイル

で、リカバリ領域にTWRP導入

 

fastboot rebootすると、TWRPで起動する。

 

イメージファイルの転送

adb push カスタムROMイメージファイルzip /sdcard

adb push gappsのzip /sdcard

 

ファイル名と/sdcardの間はスペース。

 

インストール

FactoryResetして

Install zipからカスタムROMとgappsをインストールする。

 

あとは再起動してセットアップするだけ。

 

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。