kirintropのブログ

はるか遠いミニマリストへの道です。

UVC入力かつPD対応を狙う話。

 

UVC規格のキャプチャというのがあるらしい。

少し前にiPadへ外部入力してモニタとして使えるようなもの。

これがPD充電しながら使えるといいなぁという話。

意外と機器はあるみたい。

 

j5create ライブ配信 キャプチャーボード 1080pフルHD録画配信 4K30Hz HDMI出力 大画面チャット確認 Power Delivery60W対応 USB3.0ハブ搭載 ライブコマース 雑談ライブ ゲーム実況 DisplayPort Alt Mode対応 Windows/Mac/Android対応 JVA01-EJ

 

別置きのPCのPCから出力してスマートフォンタブレットをモニタとして使用しながら使うことを目論む。

 

高性能なデスクトップをリモート接続じゃなく、使うときだけ有線接続するような。

一見中途半端で構成する意味が感じられなさそう。

 

モニタがデスクを占拠するのが気になる程度ですが・・・。

デスクトップPCだとやっぱりこれも場所を取る。

 

ちょっと面白そうなので実現はしてみたいところ。

 

 

1-本気のIHの話。

前回記事

 

kirintrop.hatenablog.jp

 

中古でHT-330Sを購入した。

IHクッキングヒーター:日立の家電品

 

やはり、さらに本気のIHを求めることに。

IH火力は3kWのものが良い。

電子レンジの1000W出力制限のように時間制限はある。 

ただ、湯沸かしや圧力調理の始めには意外と効いてくる。

 

この選択になるので、200Vの30Aコンセントは必須。

ブレーカーを含めて仕込んでおかないといけない。

 

200V用30A小型タイプ。

最近の(といっても20年くらい前から?)機器は小型タイプ。

以前は2列占有するタイプだったようです。

これ1つで60A契約の家庭1軒分と考えると・・・

 

パナソニックのスマート分電盤なら刺し換えられる。

分電盤交換の時に一緒につけた。

 

あと、グリル部分の性能。

200Vで2kW超も選べるオーブンは国内には少なく、あっても家庭に収まるサイズじゃない。

 

IHクッキングヒーター KZ-CA76NS 詳細(スペック) | IH調理器/IHクッキングヒーター | Panasonic



性能の見方は正直よくわからない。

2.75kWと書いてある。

 

KZ-V773の説明書によるとグリル最大火力3.7kW。

(本当なんだろうか?)

 

 

多分庫内温度を一定にするだけなので古い世代のでも良いはず。

古いのを狙っていても、売られることも少なさそう。

 

 

良いものは据え置きはなく、ビルトインタイプ。

ビルトインタイプを据え置きで使う枠というのがある。

 

一度買っちゃうと買い直しにかかる金額や手間が大きい。

据え置きタイプですら手放すのが面倒そうですが、買い替えを目論むところです。

14-生成AIと何とか話。

欲しい板のサイズと枚数を書くと、規格の板の枚数を計算して切り出すレイアウトも書くコード。

別にソフト屋になりたいわけじゃない。
とはいえども、棚を作るには構想もいるし罫書もあるし。

合板をカットのオーダーをするのには寸法指示とか木取り図は必要になる。
慣れていても結構かかるし、普通に間違ってたりで。

丸々2日ほど頑張った結果

入力:欲しい板の寸法と枚数

出力:必要な規格板の枚数と余る板の寸法・カット位置

あとカット図面。

今まではExcelで頑張って1枚ずつ手打ちしていたところが最適じゃないにしても一応は切れそうな絵に。
熱心にやれば向きとかあるけども、そんなに凝る技もない。

以前なら1か月以上かけても完成しないようなものが、
頑張って勉強しなくても出来るってのはね。

一体これからの時代どうやって生計を立てていけばいいのやら。

※4/5追記
Githubに上げました。
github.com

dist/WoodCuttingPlanner.exeからダウンロードして実行できます。

(公開できる環境も簡単に揃うというのは良い時代です。

13-生成AIと何とか話。

画像生成。

次回試作のイメージを作りたいのに上手いことはいかない。

普段はカラーボックスで、後ろにオフシーズンの服を詰める引き出し収納のイメージ。


f:id:kirintrop:20240403072503j:image

 

イメージと木取り図が同時に出せたりしたら良いかもしれない。

そのまま費用計算して発注して工場で切って自宅に届くまで現実的な額になっちゃう日も来るのかもしれない。

 

12-生成AIと何とか話。

なんだかんだでPythonを触り続けてる。
何となく何を書いてるか判るようになってきているようにも感じる。

1個目
試行して使えるようになった。
自動でサイトにログインしてブラウザを使わずに直接データをDLするような代物。
定番といえば定番なのだろうけど、まず試してみるには格好のものだった。

2個目
なかなか完成せず。
方向性が安定しなくて暗礁に乗り上げてきている。

PDFをなんやかんやしてOCRで全文をテキストにしていい感じの音声読み上げを目論んでいた。

OCRで読めるようにするには、まずはちょっといい感じの画像にする。
といっても、ぼやけていなくてちゃんとクッキリとした文字にする程度。

人の目で見ても明らかに読めるのにOCRでは読めないところが出てきて、読み取り精度はお手上げ。

いい感じのPDFを作れるような方を目指したところで、
白黒とグレースケールとカラーの判定に躓く。

グレースケールの文書ってほとんど白い。
文字の黒いところと限りなく白に近いグレーのところが意外と同じ割合だったりする。
元々の紙の焼け具合とかでも変わるのだろう。

画像を見て単純に白黒なのか本当のグレースケールなのかを簡単に見分けるロジックは意外とないらしい。


カラーも然り。
PDFを読むときに動作を早くするために最適化しようとしているけれど、なかなか上手くはいかない。

3-最近欲しい物の話。

1-から早2ヶ月。

 

2-から多分1ヶ月。

大分暖かくなったけど、未だに寝袋は欲しい。

 

マウスは結局満足度がイマイチ。

市場でBluetooth 対応はほぼこれ一択。

 

CorsairのScimitar Elite Wireless。

値段は安物に比べると倍から3倍近い。

なかなか手は出ない。

CORSAIR SCIMITAR ELITE WIRELESS 有線・無線接続対応 ゲーミングマウス CH-9314311-AP MS681

 

2.4Gのものは他にも何種類か。

 

他にも気になるものはあるのですが、手書きや工作欲は下がり。

ソフトに寄っている感じです。

 

kirintropは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。